bnr.jpg

葬儀の流れ

step.01

危篤を医師から告げられたら

大切な方のご危篤を医師から告げらましたら、家族、親族、本人が会いたがっている人に一刻も早くお知らせしましょう。どうしても会わせたい方が遠方に住んでいる場合は、危篤になる前に知らせておくことも考えたほうがよいでしょう。

step.02

臨終

病院でご逝去された場合は、病室から霊安室へ移されます。また、故人様を搬送するために「死亡診断書」が必要となりますので医師より発行してもらいましょう。

step.03

搬送

病院などで亡くなられた場合、霊安室から数時間以内にご移動を求められることも多いので、お迎えのための寝台車を手配する必要があります。また、病院の霊安室で待機している際に搬送を提案してくる病院提携の葬儀社がありますが、決めている葬儀社がある場合はそこに搬送を依頼しましょう。

step.04

安置

病院や施設などから、ご自宅まで寝台車にて搬送いたします。故人様をご自宅に安置できない場合は、通夜・葬儀を行う斎場や保管施設へ安置を依頼しましょう。

step.05

葬儀の打ち合わせ

依頼する葬儀社と打ち合わせを行います。不幸があったらすぐに菩提寺に連絡し、葬儀の相談をします。葬儀の日程や場所、葬儀の内容など予算のことも考えながら一つひとつ具体的に決めていきましょう。

step.06

納棺

納棺の儀は、故人に旅支度の装いを施し送り出す、古くから伝わる大切な儀式です。末期の水に始まり、湯灌、死化粧、死装束の順で行われ、最後に故人ゆかりの品物と想いを込めて、棺に納めます。

step.07

通夜・通夜ぶるまい

かつて通夜は、故人と親しかった方たちが夜を徹して故人に付き添うのが習わしでしたが、最近は参列者を迎えて通夜式を行い、2時間程度で終了するのが一般的です。通夜の後には参列された方々を食事やお酒でおもてなしする「通夜ぶるまい」を行ないます。

step.08

葬儀・告別式

故人様の冥福を祈り、最後のお別れをする儀式です。通常、通夜式翌日の午前中に行います。お別れの時間では、皆様により棺のなかにお花を供え、故人との最後のお別れをしていだだき、火葬場へ向かいます。

step.09

火葬

火葬後、近親者にて骨上げ(収骨)をしていただきます。火葬をするのに必要な火葬許可書の手配は葬儀社で代行してもらえることが多く、火葬後に証印が押されて埋葬許可証として返却されます。

step.10

初七日法要・精進落とし

故人が亡くなった日から数えて7日目に行う法要です。最近では葬儀の当日に遺骨迎えの法要と併せて、繰上げ初七日として行うことが多くなりました。繰上げ初七日の法要を終えた後に、僧侶と参列者へ精進落としをふるまいます。お食事の席では葬儀でお世話になった方へ感謝の気持ちをお伝えしましょう。

step.11

帰宅

ご自宅に後飾り祭壇を設置し、遺骨、白木位牌、遺影を安置いたします。後飾り祭壇は四十九日の忌明けまで設けておき、通夜や葬儀・告別式に参列できなかった方が忌明け前に弔問に見える場合はこの祭壇にお参りいただきます。

東海典礼株式会社

​本社:愛知県名古屋市名東区高針原二丁目1703番地

Tel: 0120-4111-05  Fax: 052-806-1081

.com

Copyright ©anatarashii All rights reserved.